新人戦県大会~①

2月6日から行われる予定だった、新人戦県大会です。
インターハイ、春高バレーに並ぶ三大大会、のようです。
私たちの時代(はるか昔w)は三大大会といえば
インターハイ、春高バレー、国体、でした。
三冠と言えば、この大会すべてで優勝する。
本当の日本一、でした。


新人戦は、県大会で終わりですからね。
昨年に引き続き、今回もベスト4までしか決めない
という、何とも中途半端な感じです。
仕方ありませんね、大会をしてくれるだけありがたい、と
言うべきなのか。

無観客ですが‥まだ言ってるw


娘たちの高校は、ベスト4を決めるところまで勝ち進みました。
試合は全て、zoomでの観戦となっています。
よくよく考えると、zoomってすごいです。
今までで、無観客、という状況に陥ったら、ビデオで撮影し
後日観戦する。だったでしょうね。
途中、Wi-Fiが弱くなるのか、止まったり
水中で観戦しているような、画面になったりと
若干のストレスは否めませんがw
リアルタイムで、観戦できるというのは、うれしいことです。
撮影してくださっている先輩にも、感謝しかありません。

画面の中で動く、子供たちの背中を見ていると
その感情の動きが、手に取るようにわかります。
それが、とても不思議です。
調子が悪い時、自分に怒っている背中。
ミスをして、うなだれている背中。
後ろからのアングルで、サーブを打とうとしている背中。
ミスしそう!!と思ったら、やっぱりのミス。
背中が、慌てているからです。

ベスト4を掛けて闘うのは
昨年末の神戸市大会、決勝戦で勝った相手です。
ここは取っておかないと。
2日めは、同じチームの友達の家へ行き
大きなテレビ画面で、一緒に観戦させてもらいました。
試合を、分かち合いたくて。

1セットめ、こちらはサーブカットから試合開始です。
試合開始のホイッスル。
相手、サーブからのサーブカットがセッターへ返り
Aクイックからの攻撃が、相手に拾われました。
相手はレシーブからのつなぎ
大きなスイングからの、思い切った攻撃がブロックを抜け
最初のポイントを取られました。
相手は、自分たちのポイントが入ると、大きくコートを走り
ムードを盛り上げます。
自分たちの気持ちも、鼓舞しているのです。


そんなムードに押されたかのように、こちらは、出足上手くかみ合いません。
出足が良くないのは、チームの克服したい課題でもあります。
相手の、コースを狙ったサーブでポイントを取られる。
ライトから、短めのトスからの攻撃で
バックライトとバックセンターの間に、何度も決められる。

こちらも、ところどころ攻撃や、ダイレクトでポイントは
取っているのですが、自分たちのサーブ時に
ポイントを重ねることができない。
連続ポイントを取ることができず、こちらに試合のリズムが来ない。
相手の元気さ、レシーブの粘り、攻撃の思い切りのよさ。
にやられています。
こちらがしたい、試合の展開なのに。


背中からそのイライラが、伝わってきます。
わかります、わかりますよ。その気持ちは痛いほど。
前回の試合で、力でねじ伏せた相手に、今回はいいようにやられている。
こちらのバレーは、上手くいかない。
全く!イラつきます。
何にイラついているのか、自分たちに、か。
相手の、コートをグルグル回る、元気さなのか。
わからない、わからないけれども
ひとつだけ、わかることはある。
イラついたら、自分たちのバレーはできない。
ということ。

冷静に、特にセッターは、常に冷静でありたい。
アタッカーが上手く機能していない時
決めることができず、スイングが遅くなったり
スイングする腕が、縮こまってしまっているとき。
助走が、しっかりできていないとき。

アタッカーへと上げるトスに、やさしさ、をのせて欲しい。
目的とするところへ、一直線に速いトスを上げて
相手ブロッカーも、ついてきていなくて
そのトスがいいトス、だったとしても
アタッカーが打ち切れていなければ、それはいいトス、とは
言えない。

トスにやさしさ、をのせると
ボールがふわっと浮いて
トスのスピードが、気持ちゆっくりになって
アタッカーが十分スイングができる。
十分スイングができるということは、打ったボールに力が乗る。
決まる確率も高くなる。

1セットめ、ほぼ相手のムードでした。
最後の相手のポイントは、こちらのサーブミス、のおまけつき。
画面のこちらで、見ていた私たち。
zoomが安定しなくて、細かく、しっかりは見ることが
できていないのですが。
うん、胃は痛い。脇汗すごいw

ここから、立て直すことができるのかな。
相手はノリノリですからね。
このまま終わっては欲しくないよね、と言い合う私たち。
こちらも最後は、少しレシーブができてきた

兆しは、見えてきましたよ

気持ちだけ、心だけの問題なのではないか、と思います。
特にサーブは、メンタル、のみ。
もうミスすることはない。
というくらい、練習してきたはずですからね。

自分が慌てているとき
心が、押されているとき
サーブミスをしがちになる。
ここはひとつ、大きく深呼吸して
自分の心を、自分の中に呼び戻す。
大丈夫。自分に言い聞かす。

さぁ、2セットめ、気持ちを切り替えて!
1セットめのことは引きずらないで

すっかり、忘れていい。

既に結果が、速報で載っていますけどねw
私の目から見た、彼女たちのバレーボールの試合。


続きは、次回にお届けします。










その他
mutumisanをフォローする
volleyball を通じてみんなと繋がろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました