ボール投げ その次

ボール投げは、その先にアタックや、サーブでの動きにつながります。
また、アタックのように、助走からジャンプをして、空中で打つ、ものと
同じような動きでも、ジャンプはしないで、相手に打って返す場面もあります。

今回は、ボールを打つことにつながる、床への打ちつけの練習をしましょう。

バレーボールをしていなくても、ドッチボールや野球などをしたことがある人は、
ボールを投げたことがあると思います。
ボールの打ちつけは、初めてではないでしょうか。

早速やってみましょう。
2人組です。コートはいつものように縦に使います。
ネットを背に向ける人、とネットに向かって、の人に分かれます。
9mは離れましょう。

まずは両手で。
ボールを持って、頭の後ろへ。両方のひじが前に出ています。
足はどちらからでもいいですが、右利きは左足を一歩前へ。
左利きは、右足を一歩前へ出しましょう。
頭の後ろへあるボールを、両手で、体の前へ持ってきて、床へ打ちつけます。
斜め前に打ちつけないと、自分の顔に直撃しますよ。
ワンバウンドを経て、相手のいる場所に落ちるよう、打ちつけてみましょう。

足は交互に出して、打ちつけていきます。
頭の後ろへボールを持ってきた時に、やや体を反って、そこから
体の前へ。打ちつける手の位置は、ボールが見えるところです。
床に近い位置でも構いません。床へ向かって、自分の力が出るところでボールを離します。

やや体を反った状態では、背筋を使います。
前でボールを打ちつけるときは、腹筋を使います。
特に意識はしなくてもいいですが、アタックでも、サーブでも、背筋と、腹筋を使っています。

両手で打ちつけることで、ボールを離す位置と力の入れ方がわかってきたら
次です。片手で打っていきましょう。


最初は、利き手だけで構いません。
利き手と反対の手で、ボールを持ちます。
ここでは、右利きであることを想定して、左手でボールを持つことにします。
ボールを持った左手を、体の前、やや下で伸ばします。
伸ばした位置から、ボールを上げますが、ボール上げる高さは、ほんの30cmほどです。
高く上げ過ぎないようにしましょう。
手を伸ばした位置から、まっすぐ真上の位置にボールを上げましょう。
上げたと同時に右手を上げ、ひじを引いて、打つ準備です。
左手がボールを離した瞬間に、右手はひじを引いて、肩甲骨を背骨側へぐっと寄せます。
そこから、右手を伸ばした、顔の前の位置でボールを床に打ちつけます。


打ちつける瞬間、手のひらと手首に力を入れないようにしましょう。
ボールは丸いですから、どちらにも力が入ると、棒で打ったようになってしまいます。
打ちつけたボールは、まっすぐ前回りの回転で飛んでいくといいですね。
逆回転になっているときは、ボールの手前で、下側を叩いているようになっています。
打ったボールが前回りの回転になっているということは
ボールを上から打てているということです。


ボールを上げた左手の動きです。
左手はボールを上げた後、打つ右手と反対に体の方へ戻ってきます。
打つ瞬間は、左手をお腹の前で、お腹に力を入れるのと一緒にぐっと締めます。

下半身の動きです。
右手で打つので、左足を一歩前に出しています。
左手でボールを上げ、右手で打つ準備をしているときは、上半身がやや起き上がる状態で
それに伴い、腰の上に上半身が乗った形になるでしょう。
そこから、左足に体重を乗せながら、ボールを打ちつけます。


ボールを上げるのは、利き手の反対の手で、最初はうまく上がらないかもしれません。
腕を伸ばし、ボールを持った手のひらを床と垂直にあげるようにすると、ボールは素直に
真上にあがってくれます。
自分の方へ手のひらを向けるとボールがこちらへ戻ってきます。
この練習は、フローターサーブを打つときに、トスを上げる練習へとつながります。
利き手と反対の手でも、ボールのコントロールが出来るようにやってみましょう。


ボールを上げてから、ひじを引いて、打ちつける。
ボールを上げた手は、お腹で締める。
打つ瞬間、体重は前へ出した足へ乗せる。
上半身の体重もボールに乗せます。
全ての力を放つのは、ボールを打つ瞬間、手のひらにヒットした時です。
手のひらにヒットする瞬間に手首には力を入れません


自分の体全体のイメージは、ムチです。
ムチでボールを打つように、パチーンと打つのです。
バットではありません。
バットで打つと、融通が利かないからです。

今はイメージがよくわからないと思います。


助走からジャンプをして、空中でボールを打つアタックは、ボールが上がってきた瞬間から
自分へのトスがどんなスピードで、どんな軌道で、どの位置に落ちてくるのかを
判断し、助走のスピードと、踏み込む位置を決めます。
ジャンプした空中で、体のバランスを取りながら、自分が今だ!と思うタイミングで
ボールを打ちます。
しかもこれは自分だけのことで、これに相手のブロックがつき、それをかわして
アタックを決めなくてはいけないのです。
ポイントまでの道のりは果てしないですね。


果てしなくはありますが、それができるようになります。
そのための、第一歩がボールの打ちつけの練習です。
利き手が上手く出来るようになってきたら、利き手と反対の手で打ちつける練習も
してみたらいいと思います。

相手のブロックをかわし、相手コートへアタックを決める。
この楽しさを味わってほしいと思います。










コメント

タイトルとURLをコピーしました